本日は、この極寒の気温にも負けない当店のオススメの商品をご紹介したいと思います。

まずは、

GRIFFIN

GRIFFIN / Down Parka Bareskin ¥194,400-(tax in)

表の生地にイギリスはFOX BROTHERSの上質なウール素材を使用したダウンジャケット。

-FOX BROTHERS- 上質な毛織物をロンドンの有名なサヴィル通りの紳士服仕立店に250年近く提供。フランネルの発明によって反逆者とも言われたこの会社は、紳士服そして軍服の世界にも大きな変化を起こしたカーキの生地の開発でも知られています。 その顧客としてサー・ウィストン・チャーチルとウィンザー公と言う常連客を抱えていました。

勿論、品質は言わずもがな。ウール100%なのにカシミア混紡のような柔らかい風合い、なのにしっかりとした生地は病み付きになる事間違いなし。 中綿には、これまた上質なグースダウンを使用。

抜群の保温力を誇ります。

GRIFFIN

バックスタイルはナイロンの切り替えしを施しているので、前と後ろでずいぶん印象が違います。

Ten-C

Ten-C / Car Coat ¥259,200-(tax in)

col.Navy Black

細身のシルエットがスタイリッシュな、カジュアルにもビジネスシーンにも使える1着。

ライナーには取り外し可能なシープスキン(内側は何とダウン!)を使用しています。

こちらのライナーは、”Ten-C”の中でも最高級のライナーです。もちろんライナーは取り外し可能なので、夏以外の3シーズンで使えます。

襟元から覗くムートンは、保温力だけでなく、エレガントさと存在感も抜群! 寒い時は、ジップを上まで閉めて着る事も可能。

ライナーは前面部分にはムートン、背中部分にはダウンと見ただけですごさがわかる仕様に。

このライナーのもう1つのすごさは、ライナー自体にもジップが付いているのでライナーのジップだけ閉めれば、まるでレイヤードしているかのように着る事が出来ます。

まさに究極のアウターに等しいスペックが満載の一着。

My Featherweight

My Featherweight / Down Vest 各42,120-(tax in)

今の時期はインナーに、春先や秋口はアウターとしても着れる非常に優秀なアイテム。

中に使われているダウンは100%グースダウンを使用しており、某有名ブランドが元々使っていた工場で仕上げています。 そのダウンは軽量で薄いながら、約700フィルパワーを誇る抜群の保温力!  私もこういったタイプのインナーダウンを所有しておりますが、非常に使い勝手のいいアイテムです。

私、ワードローブにはほぼ薄手のアウターしかないため、冬場非常に寒い思いをしておりました。

まぁ重ね着が好きと言うのもあるのですが…

しかし、こういったインナーダウンと出会ってからは極寒の日でも全く恐くなくなりました。

こちらのダウンベストは、先述したように700フィルパワーをも誇る非常に暖かいダウンベストです。  しかも、表地はイギリスはリバティ社の生地を使用している何とも贅沢な仕様。

柄物となると少し苦手意識を感じる方もいらっしゃると思いますが、いざ着てみると不思議とすごく自然にまとまります。  暗くなりがちな冬場のコーディネイトに華を咲かせてみて下さい!

外に出るのもおっくうになる(と言うより出来れば出たくないですが、)店内暖かくしてご来店お待ちしております!

本日のBGM

デイ・ドリーム・ビリーバー / ウルフルズ & 忌野清志郎